【カーオブザイヤー15 選考コメント】スポーツカーとしてのモノづくりに共感…松田秀士

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの松田秀士氏はマツダ『ロードスター』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「スポーツカーとは妥協を許さないクルマ造りであることが重要。走らせて楽しいことはもちろんだが、所有することの喜びが持てることも重要。個性的で魅力のあるボディデザイン、前後ダブルウィッシュボーン式サスペンションによるコーナリングフィール、オープンでも堅剛なシャシー、新開発の軽量なMTトランスミッション、きめ細かいチューニングと製造工程にこだわったエンジン。スポーツカーとしてのモノづくりに共感したので10点を配点した」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

ホンダ『S660』:6点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:4点

ジャガー『XE』:3点

フィアット『500X』:2点

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶

成仏する直前まで元気でクルマを運転できる自分でいたい。「お浄土までぶっ飛ばせ!」をモットーに、スローエイジングという独自の健康法を実践しスーパーGT最年長55歳の現役レーサー。これまでにINDY500に4度出場し、ルマンを含む世界4大24時間レース全てに出場経験を持つ。メカニズムにも強く、レースカーのセットアップや一般車の解析などを得意とする。専門誌等への寄稿文は分かりやすさと臨場感を伝えることを心がけている。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 吉田瑶子》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ