【カーオブザイヤー15 選考コメント】クルマ創りのバランス感覚と幅の広さが良い…こもだきよし

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリスト/日本自動車ジャーナリスト協会副会長のこもだきよし氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「4代目になるマツダロードスターは、ドライビングの原点に立ち返るスカイアクティブのコンセプトに基づいてクルマ創りをしたことで、奥の深い走りの愉しさを味わえるクルマに仕上がっている。単に速さだけを追求していないし、エモーショナルだけでもないクルマ創りのバランス感覚が良い。日常の足として使うにも、サーキット走行でも対応できる幅の広さが良い。我が家に一台あったらいいなと思わせる魅力を持っている」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:5点

ジャガー『XE』:5点

トヨタ『シエンタ』:3点

ホンダ『S660』:2点

こもだきよし(菰田潔)│モータージャーナリスト/日本自動車ジャーナリスト協会副会長

学生時代から始めたレースをきっかけに、タイヤのテストドライバーになり、その後フリーランスのモータージャーナリストに転身。クルマが好きというより運転が好きなので、その視点でクルマの評価をしている。全国道路標識・標示業協会理事、BMWドライバー・トレーニング・チーフインストラクターなどの肩書を持つ。スポーツドライビングやセーフティドライビングの実技講習だけでなく、2002年からはトラックドライバー向けのエコドライブ講習も手掛ける。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ