【カーオブザイヤー15 選考コメント】日本の存在感を高めることができる…清水和夫

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの清水和夫氏はホンダ『S660』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「軽自動車はたしかに日本固有の規格であるが、コンパクトスポーツカーの存在を世界にむけてメッセージできることは日本の存在感を高めることができる。スポーツカーとしての楽しさも嬉しい」。

全投票点数は下記の通り。

ホンダ『S660』:10点

マツダ『ロードスター』:8点

ジャガー『XE』:4点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:2点

フィアット『500X』:1点

清水和夫|モータージャーナリスト

1954年東京生まれ。武蔵工業大学子通信工学科卒。『NAVI』、『エンジン』、『モーターマガジン』、『カートップ』など、自動車専門誌で連載多数。TVでもNHKを中心に活躍している。専門はクルマの運動理論。衝突安全と燃料電池に関しても造詣 が深い。主な著書は『クルマ安全学』、『燃料電池とは何か』など。愛車はポルシェ『カレラ4カブリオレ』とホンダ『NSX』。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ