【カーオブザイヤー15 選考コメント】作り手とユーザーが愛情を共有できるブランドマネジメントを体現…千葉匠

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

デザインジャーナリストの千葉匠氏はマツダ『ロードスター』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「艶やかな色気を漂わすエクステリア、人車一体感を高めるインテリアのデザイン。軽快で素直な乗り味を含めて、『ライトウェイトスポーツはこうあるべし』と思わせてくれるクルマだ。アテンザからCX-3までの『魂動のデザイン』とは明らかに違う手法を採って新型ロードスターとして個性を主張しながら、ひと目で『マツダだ』『ロードスターだ』とわかるところに、作り手たちの『マツダ愛』『ロードスター愛』を感じるのも嬉しい。自動運転などでクルマがブラックボックス化していこうとする時代だからこそ、作り手とユーザーが愛情を共有できるブランドマネジメントが必要。ロードスターはそれを見事に体現している」。

全投票点数は下記の通り。

マツダ『ロードスター』:10点

テスラ『モデルS P85D』:6点

ホンダ『S660』:5点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:2点

スバル『レガシィ アウトバック/レガシィ B4』:2点

千葉匠│デザインジャーナリスト

1954年東京生まれ。千葉大学で工業デザインを専攻。商用車メーカーのデザイナー、カーデザイン専門誌の編集部を経て88年からフリーランスのデザイン ジャーナリスト。COTY選考委員、Auto Color Award 審査委員長、東海大学非常勤講師、AJAJ理事。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 千葉匠氏《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター RS《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ