【カーオブザイヤー15 選考コメント】21世紀のラグジュアリーカー、革命的な一台…ボブ・スリーヴァ

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストのボブ・スリーヴァ氏はテスラ『モデルS P85D』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「ゼロから、トータル・システムとして開発されたテスラ・モデルSは最初の本当の21世紀のラグジュアリー・カーです。革命的な一台です。デザイン、品質、走り、それと特にインターフェースは素晴らしい」。

全投票点数は下記の通り。

テスラ『モデルS P85D』:10点

マツダ『ロードスター』:6点

ジャガー『XE』:4点

フィアット『500X』:4点

ホンダ『S660』:1点

ボブ・スリーヴァ│モータージャーナリスト

米国マサチューセッツ生まれ、1983年に来日。日本と海外の企業にデザインと世界のマーケット分析を提供、多数の内外メディアに執筆。現在、日本最大級の工業デザイン会社『コボデザイン』のアドバンス・デザイン・ディレクター。1994年から日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『ブランドデザインが会社を救う!』(いずれも小学館)。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • ボブ・スリーヴァ氏《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
  • テスラ モデルS P85D《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ