【カーオブザイヤー15 選考コメント】「マイナスのものづくり」を評価…森口将之

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリスト&モビリティジャーナリストの森口将之氏はスズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「新型アルトでもっとも評価したいのは、マイナスのものづくりである。車両重量600kg台という驚異的な軽量化により、ガソリン車でトップクラスの燃費を 実現しただけでなく、自然吸気エンジンでも満足できる加速、そして意のままに動くという運転の楽しさまで手にしている。高価な素材を使わず、ターボエンジ ンにも耐える強さを備えたうえで、この軽さは賞賛に値する。デザインも装飾に頼ることなく、プロポーションの美しさにこだわり、カタチで選びたくなる1台 としている。ラパンも愛玩性や部屋感覚を強調しつつ、華美に走らずシンプルにまとめており好感が持てる。

20世紀、自動車は大きく、重く、速くなり、結果 として環境問題の主因になった。いま自動車が目指すべきはマイナス方向の進化であり、新型アルトは今後のクルマづくりの指標のひとつであると思っている」。

全投票点数は下記の通り。

スズキ『アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン』:10点

マツダ『ロードスター』:6点

ホンダ『S660』:5点

トヨタ『シエンタ』:2点

ジャガー『XE』:2点

森口将之|モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト

1962年東京都生まれ。自動車専門誌の編集部を経て1993年に独立。雑誌、イン ターネット、ラジオなどで活動。ヨーロッパ車、なかでもフランス車を得 意とし、カテゴリーではコンパクトカーや商用車など生活に根づいた車種を好む。趣味の乗り物である旧車の解説や試乗も多く担当する。また自動車以外の交通 事情やまちづくりなども精力的に取材。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 森口将之氏《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト ラパン X《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト ターボRS《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト ターボRS《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト X《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ アルト X《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ