【カーオブザイヤー15 選考コメント】スポーツに徹した手造りが新鮮で胸に響く…横越光廣

業界 レスポンス

今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの横越光廣氏はホンダ『S660』に10点。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「軽にして好感度ミッドシップスポーツ。その生い立ちは商業ベースにあらず、オープンスポーツならではの楽しさを追求。多くを求めず、スポーツに徹した手造り感覚が、今の時代には新鮮で胸に響く。これほどパッションを感じさせるモデルは1960年台以来だ」。

全投票点数は下記の通り。

ホンダ『S660』:10点

マツダ『ロードスター』:6点

テスラ『モデルS P85D』:4点

BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点

ジャガー『XE』:2点

横越光廣│モータージャーナリスト

1967年にニ玄社『CAR GRAPHIC』編集部に入社。71年にフリーランスとなって、自動車雑誌、週刊 誌、スポーツ紙などへ寄稿。88年に月刊誌『モーターレビュー』の創刊編集長に。その後はふたたびフリーの編集、ライターとして活動。おもな著書に『わが 青春の名車たち』、『my car メカニズムとドライビング』、『1960's日本の名車たち』がある。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
  • ホンダ S660《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ