東洋ゴム、駒口会長に代表権を付与…山本前社長らは退任

業界 レスポンス

東洋ゴム工業は、2016年1月1日付けで駒口克己会長に代表権を付与すると発表した。

駒口氏は、京セラ出身で、同社の免振ゴムや防振ゴムの不正事件を受けて、経営体制を一新するため、今年11月12日付けで会長に就任した。

また、山本卓志前社長など、旧経営陣4人も同日付けで退任する。山本氏は不正事件を受けて社長を退任、現在は特別顧問・免振ゴム対策統括本部長補佐を務めている。

一方、同日付けで組織改正も実施する。タイヤ事業本部は、「日本ビジネスユニット」「北米ビジネスユニット」「中国ビジネスユニット」「アジア・オセアニアビジネスユニット」「欧州ビジネスユニット」「NITTOビジネスユニット」を発展的に解消する。「タイヤ営業企画部」を「タイヤ海外営業企画部」に名称変更、「RE営業本部」を新設し、傘下に「RE企画管理部」を置く。

管理部門は、「経営企画本部」の下に「人材企画部」を新設する。「情報システム企画部」を「情報システム部」に名称変更し、「管理本部」に移管する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ