ダイハツ、タント福祉車両をマイナーチェンジ…価格据置で機能向上

新車 レスポンス

ダイハツ工業は、軽福祉車『タント スローパー』『タント ウェルカムシート』をマイナーチェンジし、12月14日から販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、高齢化による福祉車両の需要増を踏まえ、福祉機能に関する顧客の意見を積極的に取り入れた改善を実施。価格は据え置いたまま、使い勝手を高めた。

タント スローパーは、車いす乗車時の使い勝手を向上するため、スロープの軽量化、表面処理によるキズつきを低減、また電動ウインチの操作を簡略化した。

タント ウェルカムシートは、昇降シートの使い勝手向上として、昇降シートのシート先端部を低くし乗り降りしやすくした。さらに最大シート突出量を縮小し、シート下降待ち時間の短縮化と、狭いスペースでの介助性を向上した。

価格はタント スローパーが143万円から181万円、タント ウェルカムシートが152万5000円から186万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ダイハツ タント ウェルカムシート
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ