コマツ、メキシコの鉱山機械販売・サービス会社の株式取得…メーカー主導の代理店設立へ

業界 レスポンス

コマツは、三井物産のメキシコの子会社で、コマツ製鉱山機械のサービスを提供するロードマシナリーの60%株式を取得することについて、正式契約を締結したと発表した。

コマツは、ロードマシナリーの60%株式取得の完了後、2016年4月を目途に、子会社の建設機械代理店コマツマキナリアスメキシコ(KMEX)とロードマシナリーを統合し、持株比率がコマツ60%、三井物産40%の建設・鉱山機械の代理店を設立する予定。

コマツはメキシコの建設・鉱山機械事業を重要な市場と位置づけており、建設機械と鉱山機械の双方をカバーする代理店をメーカーであるコマツ主導で運営することでさらなる成長を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ