欧州COTY 2016、最終選考7台…マツダ ロードスター 新型が残る

モータースポーツ レスポンス

欧州カーオブザイヤー主催団体は12月14日、「カーオブザイヤー2016」の最終選考7台を発表した。日本メーカーからは唯一、新型マツダ『ロードスター』が選ばれた。

欧州カーオブザイヤーは、今年で29回目。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、2014年夏以降にデビューし、2015年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2016の最終選考7台は以下の通り。

●アウディA4

●BMW 7シリーズ

●ジャガー XE

●マツダ ロードスター

●オペル アストラ

●シュコダ スペルブ

●ボルボ XC90

日本車からは唯一、新型マツダ ロードスターが最終選考に残った。他はドイツ勢が多く、アウディ『A4』、BMW『7シリーズ』、オペル『アストラ』の3台が、最終選考に駒を進めた。

7月に発表されたノミネート40台の中から、日本車では、ホンダ『ヴェゼル』と『フィット』、インフィニティ『Q30』、スバル『レヴォーグ』と『レガシィアウトバック』、スズキ『エスクード』、トヨタ『ミライ』などが、落選している。

  • 森脇稔
  • アウディ A4セダン 新型
  • BMW 7シリーズ 新型
  • ボルボ XC90
  • ジャガー XE
  • オペル アストラ 新型
  • シュコダ スペルブ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ