GM、米ミシガン州3工場に投資…新世代エンジン生産へ

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは12月15日、米国ミシガン州の3工場に、総額3億5600万ドル(約433億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、ミシガン州のフリント・エンジン工場、サギノーおよびグランドラピッドのパワートレイン部品工場に対して実施される。

具体的には、フリント・エンジン工場に2億6300万ドルを投資し、新世代エンジンの生産に備える。サギノー工場には5000万ドル、グランドラピッド工場には4335万ドルを投資し、新たなパワートレイン部品の生産準備に充当する。

同時に、GMは2030年までに、ミシガン州に総額10億ドルを投資する計画を発表。今回の3工場への投資は、その一環。投資額は、計画の3分の1を占める。

GM北米部門の生産担当、Bill Shaw氏は、「これらの投資は優れた燃費と性能を望む顧客に向けて、高品質なエンジンと部品を生産することにつながるだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ