いすゞ 飛山元社長お別れの会に1200人

業界 レスポンス

いすゞ自動車の社長、会長を務め、10月23日に90歳で亡くなった飛山一男氏の「お別れの会」が12月16日に東京都港区のホテルで開かれた。同社や自動車業界および取引先関係者ら約1200人が出席して故人を偲んだ。

飛山氏は長野県出身。終戦の翌年である1946(昭和21)年に、前身のヂーゼル自動車工業に技術者として入社。車両開発や企画部門などに従事し、71年に米GM(ゼネラルモーターズ)と資本・業務提携した際は、いすゞ側の実務担当室長となった。

76年に取締役に就任し、その後84年に社長、92年に会長に就いた。会長時代の93年には後任社長の関和平氏とともに、乗用車の自社開発・生産からの撤退を決断。その後、商用車専業メーカーとして成長するいすゞの礎とした。

  • 池原照雄
  • いすゞ自動車の社長、会長を務め、10月に亡くなった飛山一男氏の「お別れの会」が都内で開かれた《撮影 池原照雄》
  • いすゞ自動車の社長、会長を務め、10月に亡くなった飛山一男氏の「お別れの会」が都内で開かれた《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ