ルノー日産のEV 200台、延べ17.7万kmを走行…COP21

エコカー レスポンス

ルノー日産アライアンスは12月15日、フランス・パリで開催された「COP21」(第21回気候変動枠組条約締約国会議)に提供した200台のEVが、延べ17万7000kmをゼロエミッション走行した、と発表した。

提供されたEVは、COP21の会期中に、送迎サービスに使用。会議には、世界中から8000人以上のVIPやメディア関係者が参加した。会議の期間は、11月30日から12月11日までの12日間。

COP21に提供されたEVは、ルノーのサブコンパクトカーの『ゾエ』、日産『リーフ』、商用バンの『e-NV200』の3車種。これらの車両は24時間体制で、ル・ブルジェにある会場間の送迎に使用された。

またドライバーには、選ばれた200名のルノーおよび日産の従業員が、ボランティアとして活躍した。

会議の期間中、200台のEVは、少なくとも延べ17万7000kmをゼロエミッション走行。ルノー日産は、「およそ182バレルの石油、または18トンのCO2を削減する効果があった」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ