マセラティ ワンメイクレース、アブダビで最終戦…6年の歴史に幕

モータースポーツ レスポンス

6シーズン目を迎えたマセラティワンメイクレース「マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ」の最終戦が12月10日・11日の両日、アブダビ(UAE)のヤス・マリーナ・サーキットで開催された。

マセラティトロフェオMCワールドシリーズは、最大出力440psのV型8気筒エンジンを搭載するレーシングカー「マセラティグラントゥーリズモMC」で争われる、カスタマードライバーのためのワンメイクレース。2010年イタリアのモンツァ・サーキットで始まった同レースは今シーズンで幕を閉じる。

最終レースで優勝を飾ったのは、ジョルジオ・セルナジオット。シリーズタイトルを獲得したばかりのロメイン・モンティは前日のレース1公式予選1位につけ、トップ10のスターティンググリッドが予選結果の下降順という規定により10位からのスタート、さらに50kgの重量ハンディを課せられたにもかかわらず、2位まで順位を上げた。3位には、9位からのスタートながら着実にポジションアップしたリカルド・ラガッツィーが入った。

シリーズチャンピオンが名を連ねる「マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ」の殿堂入りには、マウロ・カラミア(2014年チャンピオン)、レナード・クッペンス(2012年・2013年)、デイヴィッド・バルディ(2011年)、ピエトロ・ズメール(2010年)に今年の覇者、モンティが加わった。

マセラティ グラントゥーリズモMCは2016年、サーキットに復帰。プライベートチームとして主に欧州と米国のGT4ワールドシリーズに参戦。各チームは車両を納車済みで、GT4規定に適合すべく調整を進めている。マセラティは、メインシリーズに参戦するチームにマセラティトロフェオで蓄積した6年間の経験とノウハウのすべてを活かし、テクニカルサポートと部品を供給する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ 最終戦
  • マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ 最終戦
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ