日野自動車、2020年 環境取り組みプランを策定

業界 レスポンス

日野自動車は12月16日、2016年度から2020年度までの環境への取り組み実行計画として、「2020年 環境取り組みプラン」を策定したと発表した。

日野自動車は、2015年度までの実行計画である「2015年 環境取り組みプラン」の主要課題を引き継いだ上で、商用車メーカーとして、同社製品のライフサイクル全般において環境との調和をさらに進めていく。

具体的には、「低炭素社会の構築」「循環型社会の構築」「環境保全と自然共生社会の構築」「環境経営」の4つの主要課題で計19項目の目標を設定し、活動を推進していく。

「低炭素社会の構築」では、トラック・バスの燃費性能の向上および次世代車の開発・普及を通じて、低炭素社会の構築に貢献。また生産・物流段階では、環境にやさしく生産し、効率よく運ぶことで生産CO2、物流CO2低減に努める。

「循環型社会の構築」では、製品の設計・開発段階から資源の有効利用に配慮し、リサイクル設計をさらに推進。また、生産から廃車に至る全ての段階において排出物を低減し、再資源化を推進していく。

「環境保全と自然共生社会の構築」では、各国・各地域の大気環境の改善に貢献するため、低排出ガス車を積極的に市場投入。また各事業所においても、周辺の生態系と共生しながら事業を継続していくことを目指す。

さらに、3つの取り組みをグローバルに展開し、確実に推進していくために、日野単独ではなく、国内外のグループ会社と連携して環境経営を推進。国内外のグループ会社それぞれが、取り組みプランを策定し、具体的な目標をもって活動を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ