VW、排ガス不正のリコール開始時期を発表…2016年1月から

業界 レスポンス

一部ディーゼル車に、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同社が欧州でのリコール(回収・無償修理)計画の詳細を発表した。

これは12月16日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。排ガス不正が行われたEA189型ディーゼルエンジンに関して、ドイツ連邦自動車局(KBA)から承認されたリコール計画の詳細を公表している。

11月25日のフォルクスワーゲングループの発表では、EA189型ディーゼルエンジンのうち、「2.0TDI」ではソフトウェアを更新するリコール作業を予定。一方、「1.6TDI」ではソフトウェアの更新と、「エアフロートランスフォーマー」と呼ばれる部品の追加を行う。エアフロートランスフォーマーは、吸気量を測るセンサーの近くに装着されるメッシュ材。これにより、欧州の排出ガス基準に適合させるとしていた。

今回の発表では、残りの機種の「1.2TDI」についても、ソフトウェアを更新するリコール作業で対応。さらに、リコールの開始時期も明示した。

欧州ではまず、2.0TDIのリコールを2016年1-3月に予定。4-6月から、1.2TDIのリコールを開始する。1.6TDIのリコールは7-9月を計画。1.6TDIが最後になるのは、リコール作業がソフト更新だけでなく、部品交換も必要なため。同社は、「リコールの作業時間は、2.0TDIと1.2TDIが30分以内。1.6TDIが1時間以内」と説明している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ