日産、レディー・ファーストショップでPepperによる接客開始…ノリツッコミの応対も

業界 レスポンス

日産自動車は12月17日、独自のアプリケーションを搭載した人型ロボット『Pepper』の系列販売店での接客業務を本格的に開始するとともに、そのデモンストレーションを報道陣に公開した。

独自アプリは日産と吉本興業グループが共同開発したもので、日産や車に関する質問にPepperが答える「クルマで一問一答」や、早口言葉やノリツッコミで応対する「オリジナルゲーム」、さらには人を認識して自動追尾する「ブンブンPepper」を搭載している。

独自アプリが入ったPepperは、女性営業要員が在駐するとともにキッズループを備えた認定店舗『レディー・ファーストショップ』に100体導入される。

日産で国内販売を担当する星野朝子専務執行役員は同日、横浜市内にある販売店で会見し「現在、『技術の日産が人生を面白くする』というテーマで広告やキャンペーンを日本全国の店舗で展開しているが、店舗に来た方も楽しくないと意味がないということで、単に商品を説明したり、おもてなしをするのではなく、楽しくしちゃうというのが最大のコンセプト」と、Pepper導入の経緯を説明。

さらに「いろんな質問に答えたり、Pepperの方からなぞなぞを投げかけてみたり、日産の技術の高さをPepperならではの『なんちゃって』みたいなことも交えてわかりやすく説明したりする、日産でしか出会えないPepperを体感して頂ければ思っている」と話した。

またレディー・ファーストプロジェクトを手がけるマーケティング本部販売促進部の菅野亜紀子部長は「やはり自動車販売店はなかなか女性にとってはすごくハードルの高いところ。そこで何か期待を裏切るような面白さや楽しさを提供できれば、もっと気軽に足を運んで頂けるのではないか」と、Pepperをレディー・ファーストショップに配備する背景を語った。

  • 小松哲也
  • 日産 Pepper 導入店舗 取材会《撮影 小松哲也》
  • 日産 Pepper 導入店舗 取材会《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車 星野朝子 専務執行役員《撮影 小松哲也》
  • 日産 Pepper 導入店舗 取材会《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車 マーケティング本部販売促進部 菅野亜紀子 部長《撮影 小松哲也》
  • 日産 Pepper 導入店舗 取材会《撮影 小松哲也》
  • 日産 Pepper 導入店舗 取材会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ