交通トラブルから暴行、被害者は死亡

社会 レスポンス

13日午前3時15分ごろ、岐阜県多治見市内の国道248号で、クルマの通行を巡ってトラブルとなった歩行者の男性が執拗な暴行を受けて死亡する事件が起きた。警察は暴行を加えた26歳の男を傷害容疑で逮捕している。

岐阜県警・多治見署によると、現場は多治見市音羽町5丁目付近。横断歩道や信号機は設置されていない。31歳の男性ら3人は国道の歩道を歩いていたところ、交差する市道から進入してきた乗用車と衝突しそうになり、このクルマに同乗していた26歳の男と口論になった。

やがて2人は殴り合いになったが、顔に打撃を受けた男性が路上に転倒。男はその後、男性に馬乗りとなった状態で執拗に顔面などを殴打した。男性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、約11時間後に死亡した。警察は男を傷害容疑で緊急逮捕。男性死亡後は傷害致死容疑に切り替え、調べを進めている。

聴取に対して男は「殴ったことは間違いない」などと供述しているようだ。警察ではトラブルに発展した経緯を含め、関係者からも事情を聞いて調べを進める方針だ。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ