マツダ スクラムバン、自動ブレーキ装備の新グレードを追加

新車 レスポンス

マツダは、軽商用車『スクラムバン』を一部改良し、12月18日より各モデルを順次発売する。

今回の一部改良では、「PA」オートギヤシフト(AGS)車に、4W-ABS(4輪アンチロックブレーキシステム・EBD、ブレーキアシスト付)とヒルホールドコントロールを標準装備。坂道発進時にブレーキからアクセルに踏み替える瞬間、ブレーキを作動させ(最大2秒間)車両の後退を抑える。

さらに、「PA」AGS車に、レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)のほかキーレスエントリーシステムなどを追加装備した「PAスペシャル」を、また、「PC」AGS車にはドアミラー格納機構やCDプレーヤーなどを追加装備し、新たに「PCスペシャル」として設定した。

価格は92万3400円から131万0040円。スクラムバンはスズキ『エブリイ』のOEMモデル。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ