STマイクロ、車載用電源の小型化と環境負荷軽減を実現する新パワーMOSFETを発表

業界 レスポンス

STマイクロエレクトロニクスは、車載アプリケーション向けに、高耐圧Nチャネル・パワーMOSFETの新製品ファミリを発表した。

AEC-Q101に準拠する新製品は、STの最先端のスーパー・ジャンクション技術「MDmesh DM2」と、ボディ・ダイオードの高速リカバリ特性を実現するライフタイム・コントロール・プロセスを採用。また、ブレークダウン電圧範囲は400〜650Vで、D2PAK、TO-220、TO-247の各種パッケージで提供する。

ブレークダウン電圧が400Vおよび500Vの製品は、この電圧範囲の製品として業界で初めてAEC-Q101に準拠。また、600Vおよび650Vの製品は、競合製品よりも高い性能を実現している。いずれも、集積された高速ボディ・ダイオード、滑らかな整流動作、およびバックトゥーバック型のゲート・ソース間ツェナー保護を必要とする車載アプリケーション向けに設計。フル・ブリッジ型のゼロ電圧スイッチング・トポロジに理想的な製品となっている。

STの新パワーMOSFETは、逆回復時間(Trr)/逆回復電荷(Qrr)とソフトネス・ファクタに関し、車載用半導体市場ではトップクラスの性能を提供する一方、大電流下でのターンオフ・エネルギー(Eoff)にも優れているため、車載用電源の効率を改善。さらに、高性能な高速ボディ・ダイオードがEMIに起因する問題を軽減するため、パッシブ・フィルタを小型化できる。

単価は、1000個購入時に約3米ドル〜10米ドル(約366円〜1220円)で、ブレークダウン電圧とパッケージタイプにより異なる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ