新型シボレー キャプティバ、CarPlayを標準搭載…安全装備も強化

新車 レスポンス

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、Apple CarPlayを標準搭載した7人乗りミドルサイズSUV、新型シボレー『キャプティバ』を2016年1月9日より発売すると発表した。

新型キャプティバは、様々なメディアに対応するインフォテイメントシステム「シボレー マイリンク」を標準装備。さらにいち早くApple CarPlayを標準搭載し、Siri音声コマンドによる安全で充実したドライビングを実現する。

シボレーマイリンクは、iPhone対応アプリで行っていることを画面に直接表示。Siri音声コマンドによる安全な操作が可能となり、運転に集中したまま、電話、ミュージック、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、Podcastといったその他のiPhoneアプリの操作をこなすことができる。

また、死角に他の車両が走行中であることを知らせる「サイドブラインドゾーンアラート」や、自車の後方を横切る車両や人の存在を警告する「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」を標準装備。さらに、従来リアのみだったパーキングアシストにフロントも追加し、リアビューカメラも装備するなど、安全機能を充実させた。

そのほか、新型モデルでは、大胆なデュアルポートグリル、フォグランプ、アンダーガードなど、フロントデザインを刷新。ヘッドランプにはスタイリッシュなLEDポジションランプも装備した。

価格はキャプティバが379万円、キャプティバ ラグジュアリーが414万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Apple CarPlay
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ