マツダ CX-5 、米国で「2016.5」年モデル…装備が充実

新車 レスポンス

マツダの米国法人、北米マツダは12月18日、『CX-5』の「2016.5」年モデルを、米国市場で発表した。

CX-5は2014年11月、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー14において、改良新型モデルをワールドプレミア。2012年に発売されたCX-5にとっては、デビュー以来、初めての大幅改良車となった。

その内容は、内外装の変更、安全装備の充実、新世代ヘッドライトシステム「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」の採用など。7インチのタッチパネルモニターを核とした最新の車載コネクティビティ、「マツダ コネクト」も設定される。

今回、米国で発表された「2016.5」年モデルは、2016年モデルと2017年モデルの中間的意味合い。大幅改良から約1年と日が浅いため、小規模な変更にとどめている。

2016.5年モデルでは、6速AT全車にリアビューカメラを標準化。上級の「ツーリング」および「グランドツーリング」には、ナビゲーションシステムを標準装備している。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-5 現行型(米国仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ