ダンロップのタイヤショップに「Pepper」、接客を担当

業界 レスポンス

住友ゴム工業は、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」を12月から導入した。

今後、ダンロップタイヤショップの「タイヤセレクト」「タイヤランド」「オートランド」の店頭やイベント会場で、来店者とのコミュニケーションするなど、業務を支援する。

今回導入する人型ロボット「Pepper」は、来店者への挨拶やタイヤの紹介、アンケートなどの接客業務を担当する。12月19日には、ショッピングセンターのモラージュ柏(千葉県柏市)で初仕事し、顧客から「タイヤの説明が解りやすい」など、好評だったとしている。

今後、全国の「タイヤセレクト」「タイヤランド」「オートランド」の店頭をはじめ、各種イベントでの接客業務に活用していく予定。

「Pepper」は日産の販売店やオートバックスグループの店舗など、自動車業界で相次いで活用されている。

  • レスポンス編集部
  • イベント会場内での接客の様子《画像 Pepper》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ