いすゞ、ソラーズ社とのロシア合弁事業を解消…子会社化で事業強化

業界 レスポンス

いすゞ自動車は12月25日、ロシア合弁会社ソラーズ・いすゞへの出資比率を引上げて合弁を解消、連結子会社化すると発表した。

ソラーズ・いすゞは、いすゞ自動車とロシア自動車メーカー大手ソラーズ社との合弁会社。ロシアにおけるいすゞブランド商用車の輸入、製造、販売を行っている。

ソラーズ・いすゞには、いすゞが45%、ソラーズが50%、双日が5%を出資していたが、ソラーズが保有する株式50%を売却。いすゞが29%、双日が21%を追加取得した。

今回の連結子会社化により、いすゞは、今後成長が見込めるロシア市場において主体的に事業強化を行うことが可能となり、いすゞ製商用車のブランド価値向上と商品ラインナップ・販売の拡充を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ