【CES16】ビートソニック、レクサス純正AVシステムにCarPlayを後付けできる新製品開発へ

テクノロジー レスポンス

ビートソニックは、2016年1月6日から9日に米国ラスベガスで開催される「2016 インターナショナル CES」に出展。Apple CarPlayをレクサスの純正AVシステムに後付けできる「OEM Connected(仮)」の開発開始を発表する。

近年、Apple CarPlay、Google Android Autoなど、IoTに対応した車載AVシステムが登場し、搭載車種も増加。しかし、レクサスやトヨタの新型車は、純正AVシステムのCarPlayやAndroid Autoへの対応を見送っている。

ビートソニックは、純正オーディオシステムのインターフェースを解析し、リプレイス可能とするオーディオ取付キットを約20年前から手がけている。今回そのノウハウを元に、未対応車種にCarPlayやAndroid Autoなどを搭載できるユニットと接続インターフェースを一つのシステムとして開発。今後、需要が大幅に増える車載のIoT化にいち早く対応していく。

同社は今回のCESに、レクサス純正のインターフェースを利用し、純正コントローラやスイッチでCarPlayを操作できるOEM Connectedのプロトタイプモデルを展示する。取付はカプラーオンで、配線加工などの難しい作業は不要。将来的にはファームウェアのアップデートで、Android Autoやその他のシステムへ発展させることもできるという。

ビートソニックでは、2016年6月にOEM Connectedの製品化を予定。対応車種はまず新型GSを予定。その後、RX、IS、NXなど、対応車種を拡大していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ