大阪狭山市が水素シティ事業を本格化…水素自動車・バス、発電・貯蔵など

業界 レスポンス

大阪狭山市は12月28日、「グリーン水素シティ」の実現を目指したグリーン水素シティ事業推進研究会プロジェクトを始動。水素発電や電力貯蔵、エネルギーマネージメントシステム、水素自動車・水素バスなどの各事業を本格化させる。

同プロジェクトでは、COP21(気候変動枠組み条約第21回締約国会議)での合意や、2016年4月からの電力自由化などを背景に、大阪狭山市が100%出資する「メルシーfor SAYAMA株式会社」を設立。

ASC、コンコード インターナショナル インベストメンツ グループ エル・ピー、シナネン、清水建設、豊田TRIKE、光通信とともに「再生可能エネルギーなどを活用した、次世代の先駆的モデル『グリーン水素シティ』を、全国の先駆けて目指す」という。

  • 大野雅人
  • 大阪狭山市グリーン水素シティ宣言式典(12月28日、東京)に登壇した大阪狭山市・古川照人市長(メルシーfor SAYAMA代表取締役社長)
  • 大阪狭山市グリーン水素シティ宣言式典(12月28日、東京)に登壇した豊田TRIKEの豊田浩之会長
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ