ルノーの仏商用車工場、年間生産の新記録…9年ぶり

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーは12月18日、フランスのバチイイ工場の生産台数が2015年、新記録を達成したと発表した。

バチイイ工場は、ルノーのLCV(小型商用車)の主力工場のひとつ。現在、『マスター』などを組み立てている。

2015年、バチイイ工場は12万6375台の商用車を生産。2006年の12万3202台を9年ぶりに上回り、年間生産の新記録を打ち立てた。

12万6375台のうち、マスターは8万5208台。以下、GM向けが2万1702台、ルノーのトラックが1万2500台、日産向けが6965台。マスターの8万5208台も、2000年の8万2121台を上回る新記録となる。

バチイイ工場は1980年に稼働。マスターを3世代に渡って組み立ててきた。マスターの同工場での累計生産台数は、220万台を超えている。

  • 森脇稔
  • ルノーのフランスのバチイイ工場
  • ルノー マスター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ