印マヒンドラの新車販売4%増、輸出は65%の大幅増…12月

業界 レスポンス

インドの自動車大手、マヒンドラ&マヒンドラ社(以下、マヒンドラ)は1月1日、インドにおける2015年12月の新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、12月の輸出を含めた総販売台数は、3万7915台。前年同月比は4%増だった。

3万7915台のうち、乗用車は1万8197台。前年同月比は1%増だった。マヒンドラがインドで主導的立場のSUVの12月実績は、1万7310台。前年同月比は1%増。

また、12月のインド商用車販売は、前年同月比1%増の1万2465台。3.5トン以下のLCV(軽商用車)の販売が、前年同月比25%増と落ち込む。

一方、12月の輸出実績は、3076台。前年同月比は65%増と大きく増えた。

マヒンドラの自動車部門のプラビン・シャー社長兼CEOは、「厳しい環境の中、ポジティブな結果で2015年を終えた。1月15日に発売する新型車、『KUV100』に対する良好な反応が心強い」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マヒンドラのSUV、スコーピオ スペシャルエディション《撮影 太宰吉崇》
  • マヒンドラ&マヒンドラのピックアップトラック、ボレロの改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ