【デトロイトモーターショー16】フォード フュージョン、2017年型を初公開へ…トップシークレット扱い

新車 レスポンス

1月11日、米国で開幕するデトロイトモーターショー16。同ショーにおいて、フォードモーターのフォードブランドが、主力中型セダンの大幅改良モデルを初公開する。

これは、フォードが公式インスタグラムで明らかにしたもの。「デトロイトモーターショー16において、『フュージョン』の2017年モデルをワールドプレミアする」と発表している。

初代フュージョンは2005年、同社の米国市場における主力ミドルセダンとして発売。現地では、トヨタ『カムリ』、ホンダ『アコード』、日産『アルティマ』などと競合してきた。

フォードは2012年1月、デトロイトモーターショー12において、2世代目フュージョンを初公開。同車がデビューから4年が経過し、デトロイトモーターショー16で発表される2017年モデルで、初の大幅改良を受ける。

現時点では、大幅改良の内容は公表されていない。フォードは2017年モデルの1枚の予告イメージを配信するとともに、「1月11日まで、トップシークレット」としている。

  • 森脇稔
  • フォード・フュージョン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ