フェラーリ、イタリア・ミラノ証券取引所に株式を上場

業界 レスポンス

親会社のFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)から、分離・独立したイタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリ。同社が地元イタリアにおいて、株式の上場を果たした。

これは1月4日、フェラーリが明らかにしたもの。同社は、「イタリア・ミラノの証券取引所に株式を上場した」と発表している。

FCAは2015年10月21日、フェラーリのIPO(新規株式公開)を行い、フェラーリ株を米国ニューヨーク証券取引所に上場。この際、FCAは、フェラーリの発行済み株式の約9%にあたる1717万5000株を市場に放出した。

今回、これに続いて、フェラーリはイタリア・ミラノの証券取引所に株式を上場。当日は、フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長らが出席して、イタリア・ミラノの証券取引所の鐘を鳴らした。

なお、ミラノの証券取引所の前には、フェラーリの主力ラインナップを展示。株式上場に華を添えている。

  • 森脇稔
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ カリフォルニア T
  • フェラーリ 488 GTB
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ