GM、米工場に追加シフト…カマロ 新型の需要に対応

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは1月4日、米国ミシガン州のランシンググランドリバー工場に、追加シフトを導入すると発表した。

ランシンググランドリバー工場は現在、2シフト制で生産を行っている。これに1シフトを追加し、3シフト体制とする。

今回の追加シフトの導入は、新型シボレー『カマロ』に対する需要が増していることを受けての対応。2016年第2四半期(4-6月)から、増産体制を敷く。

また、この追加シフトによって、ランシンググランドリバー工場には500名以上の雇用が創出される見通し。

ランシンググランドリバー工場のマイク・トレボロウ工場長は、「今回の追加シフトは、この工場で生産される優れた商品のおかげ」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ