ソニー損保、「トラブルナビ」のロードサービス呼出し機能を強化

業界 レスポンス

ソニー損保は、万一の事故や故障時の的確な行動をナビゲートするスマートフォン向けアプリ「トラブルナビ」の機能を強化した。

これまで、電話でロードサービスを要請する場合、トラブル現場の住所等の位置情報や車のトラブル状況をロードサービスデスクのオペレーターに口頭で詳しく説明する必要があった。

今回、電話でのロードサービス要請時に、トラブル現場の位置情報やトラブル箇所の写真などのデータを送付できるよう、機能を強化。顧客の負担を減らすとともに、口頭による曖昧さを回避し、より正確かつスムーズなロードサービスを実現する。

新機能の利用方法は、「トラブルナビ」を開き、「電話による要請」を選択。ロードサービスデスクのオペレーターとの通話が始まる前に、写真撮影の有無を確認する画面が表示されるので「はい」を選択し、トラブルの状況が分かる写真を撮影する。撮影が完了すると、撮影した写真とともにトラブル現場の位置情報と、アプリに登録された契約者情報がロードサービスデスクに自動送信される。

ソニー損保では今後も、スマートフォン向けアプリや各種サービスの拡充に引続き取組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ソニー損保 トラブルナビ
  • ソニー損保 トラブルナビ
ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ