【東京オートサロン16】恒例のD1GPキックオフドリフト開催、上位選手が勢揃い

モータースポーツ レスポンス

1月15日から幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」で、毎年恒例となっているD1マシンによるデモイベント「D1GP KICKOFF DRIFT」が開催される。

今年も幕張メッセ内に屋外特設走行エリアが用意され、3日間それぞれ公式戦さながらの迫力ある追走ドリフトが展開される。この幕張メッセの走行エリアは、通常サーキットやお台場の特設コースで行われる公式戦と比べてもコースと観覧エリアの距離が近いため、国内最高峰のプロドリフトを間近で体感できる機会となる。

さらに今回登場するドライバーは、2015年のシリーズチャンピオンである川畑真人をはじめ、斎藤太吾、唄和也、今村陽一、末永直登、内海彰乃、高橋邦明、平島明、と昨年のランキング上位8人が勢揃い。年明けからハイレベルなドリフトバトルが期待される。

開催スケジュールは一般特別公開となる15日のみ15時30分から。一般公開日の16・17日は12時から行われる。なお、このイベントを観覧するためには東京オートサロンの入場券が必要となる。

  • 吉田 知弘
  • 2015年のD1GPキックオフドリフト《撮影 吉田 知弘》
  • 2015年のD1GPキックオフドリフト《撮影 吉田 知弘》
  • 2015年のD1GPキックオフドリフト《撮影 吉田 知弘》
  • 2015年のD1GPキックオフドリフト《撮影 吉田 知弘》
  • 今年はLF-AのD1マシンも走行予定《撮影 吉田 知弘》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ