【CES16】アウディ、健康管理分野に進出…ドライバーのリラックスを追求

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは1月6日、米国ラスベガスで開幕したCES16において、健康管理分野に進出すると発表した。

アウディは「フィット ドライバー」プロジェクトを立ち上げ。これは、目的地で車を降りたドライバーが、車に乗り込んだ時よりも、リラックスした状態になってもらうことを目的としたプロジェクト。

具体的には、腕時計型のウェアラブルデバイスによって、ドライバーの心拍数や体温などをモニター。さらに、車両に装着されたセンサーが、運転スタイルやブレーキの頻度、天候、交通状況など、様々なデータを収集する。

これらのデータを分析することにより、車両がドライバーのストレスや疲労度を判断。車のシステムが、ドライバーがリラックスできるようなオペレーションモードに調整してくれる。

アウディは、「アウディならこんなことまで、をモットーに、ドライバーの頼りになるアドバイザーになるようなシステムを中期的に実現していく」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ