【オートモーティブワールド16】運転支援技術は若者のクルマ離れに役立つ?

テクノロジー レスポンス

本田技術研究所四輪R&Dセンターの杉本洋一上席研究員は、1月13日に行われたオートモーティブワールド2016の専門技術セミナーに登壇し、若者のクルマ離れの解決策として運転支援技術が生かせるとの考えを示した。

杉本上席研究員は「若者に聞いてみると、クルマの運転は心配。ぶつかってしまうと非常に面倒だし、万が一、人を傷つけてしまえば大変なことになるということで、クルマの運転が不安だから、もうクルマを運転しないという若者が増えている」と指摘。

その上で「そうした若者に対して、運転支援の知能化技術を使うことで、危ない交差点を早い段階から知らせたり、カーブであればブレーキタイミングやステアリングを切り始めるポイントを教えたりといったことをすることで、運転が苦手という方も安心して自由に移動できる、そんなクルマを提供したい」と述べた。

  • 小松哲也
  • 本田技術研究所 四輪R&Dセンター 杉本洋一 上席研究員《撮影 小松哲也》
  • オートモーティブワールド16 専門技術セミナー《撮影 小松哲也》
  • ホンダ ステップワゴンスパーダ ホンダセンシング作動イメージ《参考映像》
  • ホンダセンシングの車線維持支援システムがONになった状態《撮影 会田肇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ