【東京オートサロン16】新型 プリウス のGTカーがお披露目、今季は2台体制で参戦

モータースポーツ レスポンス

1月15日に開幕した「東京オートサロン2016」。トヨタテクノクラフト(TRD)のブースで、SUPR GTのGT300クラスに参戦するaprの体制発表が行われ、今季から参戦する新型トヨタ『プリウスGT(ZVW50型)』のマシンがお披露目された。

昨年いっぱいで2012年から4シーズンにわたり活躍してきたZVW30型プリウスでの参戦が終了したが、先月発売が開始された新型プリウスをベースにしたマシンを開発。さらに今年は2台体制で参戦することも明らかとなった。

今回もハイブリッドシステムを搭載。駆動方式は今回もミッドシップレイアウトを採用している。先代プリウスは2009年から2011年まで参戦した『カローラアクシオ』のGTマシンで開発したシャシーを踏襲していた部分もあったが、新型ではシャシー面を見直し、ドライバーたちのリクエストを取り入れ、正常進化させたものに。ボディワークは新型プリウス独特のフォルムが垣間見えながらも低重心で細部にまでこだわった形状になっている。

気になるドライバーズラインナップは嵯峨宏紀と中山雄一のコンビは継続で31号車に乗り込む。30号車には昨年スポット参戦していた佐々木孝太がフルシーズンでドライブし、スーパー耐久などで活躍していた永井宏明が新たに加わることとなった。

なお、タイヤメーカーがそれぞれ異なり、31号車は昨年から使用しているブリヂストン。30号車は長年の経験があるヨコハマタイヤを使用。同じチーム・マシンでありながらタイヤメーカーが別々という珍しい体制となった。

aprの金曽裕人監督は「トヨタとして、日本の工業製品として、最先端を言っているのがプリウスだと思います。我々は“モノづくりニッポン”の力を最大限に発揮して、欧州のスーパーカーに挑戦して彼らとどれだけ対等に戦えるかを、今年もやってみたい」とコメント。

昨年、2勝しておきながらチャンピオンを獲得できなかった31号車の嵯峨は「シャシー面は僕も開発段階から携わらさせていただいて、かなり進化出来たと思います。apr史上最強のマシンだと自負しています」と自信満々。パートナーの中山も「僕もプリウスのGTカーは以前から乗っていて年々進化を感じてきましたが、今年はより戦闘力は上がっていると思います。チャンピオン目指して頑張ります」と意気込みを語った。

なお、この新型プリウスは東京オートサロン2016の期間中、北ホール内のトヨタテクノクラフト(TRD)ブースで展示される。

  • 吉田 知弘
  • 今季SUPER GTに登場する新型プリウスGT《撮影 吉田 知弘》
  • 今季SUPER GTに登場する新型プリウスGT《撮影 吉田 知弘》
  • 今季SUPER GTに登場する新型プリウスGT《撮影 吉田 知弘》
  • 今季SUPER GTに登場する新型プリウスGT《撮影 吉田 知弘》
  • 今季SUPER GTに登場する新型プリウスGT《撮影 吉田 知弘》
  • 31号車の嵯峨宏紀(中央)、中山雄一(右)、金曽裕人監督(左)《撮影 吉田 知弘》
  • 30号車の佐々木孝太(左)、永井宏明(右)《撮影 吉田 知弘》
  • 新型プリウスもミッドシップレイアウト《撮影 吉田 知弘》
  • 新型プリウスもミッドシップレイアウト《撮影 吉田 知弘》
  • 金曽裕人監督《撮影 吉田 知弘》
  • トヨタテクノクラフト(TRD)ブース《撮影 吉田 知弘》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ