【東京オートサロン16】 ロードスター 専用リアウィングは機能満載…データシステム

新車 レスポンス

データシステムのブースに展示中のマツダ『ロードスター』には、同社の参考出品となる特製リアウィングが装着されている。このリアウィングはただの空力・ドレスアップパーツではない。

よくみると、ウィングの装着にともない純正のハイマウントブレーキランプがウィング下部に移設、ループアンテナはウィング内部に装着され、リアフェンダーに仕込まれたアンテナもなくなっている。さらに、ウィングのセンターにはリアビューカメラが取り付けられている、マルチファンクションリアウィングとでも呼べる製品だった。

ロードスターにリアビューカメラを取り付けるとしたら、バンパー内側、ナンバープレートの上あたりにステーで取り付けるしかない。さもなくば、リアトランクリッドに取り付けることになるが、センターにはエンブレムがありオフセットさせないと装着できない。そもそも、しなやかな曲線美を誇るロードスターのリアにカメラの出っ張りはあり得ないだろう。

そこでディーラーなどで純正装着を依頼するとバンパー内部となる。オーナーならわかるかもしれないが、この位置だとそのまま地面が見えることになり、バンパーなど車の後部エッジ部分の見切りができない。リアビューカメラの効果が半減してしまう。

この問題は、データシステムのリアウィングが解決してくれる。カメラはウィング下部のセンターに取り付けられ、バンパー部分も俯瞰でみることができ、バックの車庫入れなども安心だ。ロープロファイルのウィングの下側なのでカメラは目立たないが、ブレーキランプの視認性は変わらない。

参考出品とのことで市販の計画について、データシステム 広報宣伝部の川田正尚部長に聞いてみた。それによると、製品としての開発は、車検対応も含めてほぼ終わっているが、ハイマウントブレーキランプ・アンテナの移設が必要なため、販売、取り付け方法などをどうするかを詰めている段階だという。また、ウィングだけほしい人、アンテナは純正でよい人、などさまざまなニーズに対応すべく、商品構成や価格なども検討中とのことで、市販する意向はあるがまだ未定としかいえないそうだ。

ロードスター関係の製品では、ウルトラスエードを使った内装キット(ドア、コンソール、ステアリング、シフトノブ、ハンドブレーキまわりなど)、オリジナルフロントスポイラーもデモカ―として展示してあり、これらは春ごろをめどに発売準備中となっている。

  • 中尾真二
  • データシステムは特製リアウィングを装着した、マツダ ロードスターを出展《撮影 愛甲武司》
  • 特製リアウィングには、リアビューカメラも取り付けられている《撮影 愛甲武司》
  • データシステム 広報宣伝部の川田正尚部長《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • フロントハーフスポイラー(発売準備中)も装着《撮影 愛甲武司》
  • フロントハーフスポイラー(発売準備中)も装着《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステム インテリアキット《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • サイドカメラ《撮影 愛甲武司》
  • サイドカメラの映像は、スーパースリムモニターに映る《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
  • データシステムブース(東京オートサロン16)《撮影 愛甲武司》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ