【ダカール16】日野チームスガワラ、排気量10リットル未満クラス7連覇を達成

モータースポーツ レスポンス

ダカールラリー2016は1月16日、最終行程のヴィラ・カルロス・パス〜ロザリオ間で180kmの競技が行われ、日本から唯一トラック部門に参戦した日野チームスガワラは、排気量10リットル未満クラス7連覇を達成した。

最終日の競技区間は、主に山岳路で構成。トラックには不向きなツイスティな場所も多かった。日野チームは2号車が総合16位/クラス1位でゴールする一方、1号車は110km地点で路面が掘れていて通れず先行するトラックが立往生していたためにタイムロス。結局総合40位/クラス3位でゴールし、その後再び387kmのリエゾン(移動区間)でロザリオへ到着した。

ゴールポディアムが設けられたのは、2014年大会のスタート時と同じパラナ川に面したバンデラの塔の前。トラック部門の到着時間は遅く、夕方の日が暮れ始める頃となったが、メカニックたちをルーフ上に乗せた日野レンジャーが到着すると大きな歓声が沸いた。壇上に上がった選手たちは日本から駆け付けた日野自動車の市川正和会長とがっちり握手をかわし、13ステージ15日間の全日程が終了した。

日野チームスガワラは、2号車菅原照仁/杉浦博之組が累積順位の総合13位/排気量10リットル未満クラス1位、1号車菅原義正/高橋貢組が同じく総合31位/クラス2位の成績を挙げ、同クラスの7連覇達成をワン・ツーフィニッシュで飾った。また、総合順位でも13位に食い込んだ2号車は、大型のライバル勢を相手に日野レンジャーの持つ高いポテンシャルを改めて実証した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バンデラのモニュメントの前を行く1号車
  • ポディアムに到着した1号車
  • メカニックたちとともにポディアムに到着した2号車
  • ポディアムに上がった日野チーム
  • 市川会長とともに結果を祝う日野チーム
  • 日本から駆け付けた日野自動車の市川会長と握手する菅原義正、高橋貢
  • 菅原照仁、杉浦博之組の結果を讃えた市川会長
  • 胴上げされる菅原義正
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ