富士重吉永社長、16年計画「ギリギリまで造って100万台乗せ」

業界 レスポンス

富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は1月18日、都内で報道関係者と懇談し、前年比6%増の103万3000台とした2016年の世界販売計画について「ギリギリまで造って販売できるのがこの数字」と語った。米国工場の能力増などにより5年連続で最高を更新し、大台乗せを目指す。

主力の米国販売は6%増の61万5000台としており、8年連続での最高となる。北米を中心に供給力不足が慢性化しているが、米国インディアナ工場の能力増を従来の計画より半年ほど前倒しする。この結果、16年末にはトヨタ自動車からの受託生産終了分も含め、同工場のスバル車生産能力は年39万4000台と現状よりほぼ倍増する。

吉永社長は「米国のディーラーさんには(6%は)最低限の伸びだろうが、これを確実に供給したい」と述べた。日本の販売は登録車、軽自動車とも横ばいの合計16万2000台とした。一方で北米、日本以外の地域では10%増の約21万台の計画とし、「中国はまだ厳しいが、東南アジアなどで伸ばしたい」と話した。

  • 池原照雄
  • スバル レガシィ(北米モデル)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバル インプレッサ(北米仕様)
ランキング
中古自動車中古バイク
カーライフ注目情報
自動車&バイクについて
gooサービス
goo 自動車&バイク:
自動車&バイクトップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ