印タタ自、新CEOを指名…元メルセデス中国合弁社長

業界 レスポンス

インドの自動車大手、タタモーターズは1月18日、新CEOにギュンター・ブチェック氏を指名すると発表した。

ギュンター・ブチェック氏は、現在55歳。ドイツ・シュトゥットガルトの大学を卒業後、高級車のメルセデスベンツを擁するダイムラーに入社した。

ダイムラーでは、およそ25年勤務し、生産など各部門のマネージメントを担当。ダイムラーでの最後の経歴は、中国合弁の北京ベンツの社長兼CEOだった。

同氏はダイムラーを退職後、航空と宇宙産業大手のエアバス・グループに入社。COO(最高執行責任者)の地位にあった。

ギュンター・ブチェック氏は2月15日付けで、タタモーターズの新CEOに就任する予定。同社のサイラス・ミストリー会長は、「タタモーターズは躍進そして挑戦の真っ只中にある。ギュンター・ブチェック氏の豊富な経験が、さらなる成長に導いてくれるだろう」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ