BMWグループ、中国に新エンジン合弁工場を開業

業界 レスポンス

BMWグループと中国華晨汽車の合弁会社、BMWブリリアンスは1月22日、遼寧省瀋陽市に新エンジン工場を開業した。

BMWブリリアンスは2012年3月、瀋陽市にエンジン工場を完成させた。BMWの100年近い歴史において、欧州以外では初のエンジン生産拠点となった。

今回、開業した新工場では、最新の3および4気筒ガソリン「ツインパワー」エンジンを組み立てる。エンジンは全て、中国で現地生産されるBMW車に搭載される予定。

BMWブリリアンスは2015年、中国で年間28万7000台を生産。年産能力は現在、30万台に到達している。

BMWグループの生産担当、Oliver Zipse取締役は、「新エンジン工場が、中国市場に対するコミットメントを強固にする」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ