三菱ふそう、従業員向け保育施設を川崎工場近隣に開設…商用車業界初

業界 レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は商用車業界初となる従業員向けの保育施設を本社、川崎工場近隣に2月2日より開設すると発表した。

MFTBCは、ワークライフバランスの確立をめざし、在宅勤務や育児勤務制度による対象年齢拡大など様々な施策を行ってきたが、保育施設を開設する要望が社内から多く寄せられていた。同社では、育児と仕事を両立する女性メンバーを中心としたプロジェクトチームを2014年9月に発足。コンセプトづくりや最適なロケーションの選定など、従業員にとって使い勝手の良い施設となるよう調整を進めてきた。

新設する保育施設「FUSO KINDERGARTEN」は、MFTBC川崎工場から徒歩2分と、アクセスの良いロケーション。施設内は、木のぬくもりが感じられる内装や木漏れ日をイメージした照明を取り入れるなど、自然環境の調和を意識したインテリアデザインを採用。またインターナショナルな保育施設として、日英ともに話すことができる語学堪能なスタッフも配備する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 保育施設 FUSO KINDERGARTEN
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ