『007』の最新ボンドカー、アストンマーティン DB10…オークションに出品

新車 レスポンス

映画『007』シリーズの最新作として、2015年11月に公開された『スペクター』(『SPECTRE』)。同作品に登場した「ボンドカー」が、オークションに出品されることが分かった。

これは1月21日、アストンマーティンが明らかにしたもの。「アストンマーティン『DB10』を2月18日、チャリティ目的でオークションに出品する」と発表している。

007シリーズで恒例となっているのが、主役のジェームズ・ボンドが乗るボンドカー。『スペクター』では、アストンマーティンが『スペクター』のために専用開発したスーパーカー、『DB10』がボンドカーとして起用された。

DB10には、4.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションは6速MT。最高速は300km/hオーバーの性能を備える。

なお、オークションに出品されるのは、2台が製作されたショーカーのうちの1台。アストンマーティンによると、同社が譲渡するDB10は、この1台のみになるという。その希少性もあり、落札価格は100万ポンド(1億6800万円)以上が予想されている。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン DB10
  • アストンマーティン DB10
  • アストンマーティン DB10
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ