BMWジャパン「2016年はPHEVと“M”の年に」

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMWとMINIを合わせた2015年の販売台数を約6万7000台と発表。また、BMWモトラッドは約4700台と過去最高を記録したという。

そう話すのは、ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏だ。特にMINIは過去最高の2万台以上を記録。これは、「ディーゼルモデルと 2014年秋に発売したMINI『5ドア』が好評であることとともに、かつてないほどの人気をいまだに保っているMINI『3ドア』に後押しされたものだ」と分析。さらに「新型『クラブマン』の発売によって新しいセグメントが築かれ、より実績が伸びることを期待している」とコメントした。

BMWは4万6200台を記録し、「2008年の金融危機以来一番いい結果だった」とクロンシュナーブル氏。その要因は2015年5月に投入した『2シリーズアクティブツアラー』と『2シリーズグランツアラー』のディーゼルモデルにあるとし、「これらのモデルにより、BMW全体(BMW+MINI)のディーゼルモデルの販売比率を35%まで押し上げた」と述べる。

また、『1シリーズ』と『3シリーズ』が新しいサスペンションのセットアップと、新エンジンが搭載され大幅に刷新したことや、『X1』とフラッグシップの『7シリーズ』がフルモデルチェンジしたことから、「今年は最高のポジションでビジネスをすることができる」と意気込みを語る。

そして、『i8』に続き昨年は2台目のプラグインハイブリッド、『X5プラグインハイブリッド』を発売し、今回『330e』、『225xeアクティブツアラー』とプラグインハイブリッド攻勢を強めており、「プラグインハイブリッド技術を BMWのコアモデルすべてにおいて導入する予定なのだ」とクロンシュナーブル氏。年末には7シリーズのプラグインハイブリッドモデル『740e』が導入予定であるという。

そのほか、「春にはMINI『コンバーチブル』がリリースするほか、クリーンディーゼルも攻勢を強め、新しいBMWのモデルをローンチする」。それ以外に、「BMW Mのファンにとってエキサイティングな年となるだろう」とクロンシュナーブル氏。「オールニューのBMW Mモデルである『M2』。東京モーターショー2015で世界初公開した特別なレーシング仕様である『M4 GTS』が日本に導入される」とした。

最後にクロンシュナーブル氏は、「プラグインハイブリッドは我々のビジネス、我々のサスティナブルモビリティ戦略の次なる柱となるものだ」と語った。

  • 内田俊一
  • BMW 330e(左)と225xeアクティブツアラー(右)《撮影 内田俊一》
  • BMW 330e《撮影 内田俊一》
  • BMW 225xeアクティブツアラー《撮影 内田俊一》
  • 新型MINI
  • MINI クラブマン《撮影 内田俊一》
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW i8 ミラーレス
  • BMW X5 xDrive40e(東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
  • BMW 1シリーズ(参考画像)
  • BMW 3シリーズ 改良新型
  • X1 (東京オートサロン16)《撮影 古庄速人》
  • BMW 7シリーズ
  • MINI コンバーチブル 新型
  • BMW M2クーペ(デトロイトモーターショー16)《写真 Getty Images》
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)《撮影 野口岳彦》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ