トクヤマ、未利用副生水素を燃料電池車向けに供給…実証事業でリース契約を締結

業界 レスポンス

三井住友ファイナンス&リース(SMFL)とトクヤマは、水素利用の実証事業での設備についてリース契約を締結した。SMFLと山口県周南市は、水素利用の実証事業での設備について賃貸契約を締結した。

トクヤマは、環境省が進める「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」における実証受託の代表事業者となり、自社の苛性ソーダ工場から発生する未利用副生水素を回収し、近隣や周辺地域の純水素型燃料電池や燃料電池自動車に供給する。

SMFLは同事業で、トクヤマ向けに水素貯蔵設備と水素供給設備をリースする。また、SMFLは同実証受託の共同実施者である周南市向けに水素供給設備と純水素型燃料電池をリースする。未利用副生水素を活用する同事業で、水素利用の実証設備のリース方式による導入は日本初のケースとなる。

これまでトクヤマは、苛性ソーダ工場から発生する、水素の特性である高純度副生水素を活かし、液化水素ステーション向け水素を供給してきた。太陽光発電での水素生成や純水素型燃料電池への水素供給といった実証実験にも取り組んでいる。

また、山口県周南地域では、周南コンビナートの立地を背景に、国内最大規模の高純度な副生水素を供給する能力を持つ地域特性を活かし、実証事業の他にも卸売市場での燃料電池フォークリフトの利用実証や、動物園での純水素型燃料電池の利用実証など、水素社会の実現に向けた取り組みを展開してきた。

SMFLは移動式水素ステーション、スマート水素ステーションの水素関連設備にリースによるファイナンスサービスを提供することで、水素関連設備の普及をサポートする。

  • レスポンス編集部
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ