WCOTYファイナリスト10台に CX-3 と ロードスター、プリウス が残る

業界 レスポンス

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は1月26日、「2016ワールドカーオブザイヤー」のファイナリスト10台を発表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年5月末まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。

2016ワールドカーオブザイヤーのファイナリスト10台は、以下の通り。

アウディA4

BMW X1

ヒュンダイ・ツーソン

ジャガーXE

ランドローバー・ディスカバリースポーツ

マツダCX-3

マツダ・ロードスター

メルセデスベンツGLC

シュコダ・スペルブ

トヨタ・プリウス

日本車では、マツダの2車種がファイナリスト10台の中に残った。『CX-3』と新型『ロードスター』の2台。前回は、新型『デミオ』がファイナリスト10台の中に選ばれていた。また、日本車では、新型トヨタ『プリウス』も、ファイナリスト10台に残っている。

2016ワールドカーオブザイヤーは2016年3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、新型メルセデスベンツ『Cクラス』が栄冠に輝いている。

  • 森脇稔
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • トヨタ プリウス 新型の欧州仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ