【デリーモーターショー16】トヨタ、インドに新ハイブリッド車を投入へ

新車 レスポンス

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は1月28日、インドで2月3日に開幕するデリーモーターショー(オートエキスポ)16に向けて、新たなハイブリッド車をインド市場に投入すると発表した。

トヨタは現在、インド市場において、『カムリ・ハイブリッド』と『プリウス』(先代モデル)のハイブリッド2車種を販売中。デリーモーターショー16では、インドでのハイブリッド車販売の強化に乗り出す。

具体的には、デリーモーターショー16の会場に、トヨタのハイブリッド車の専用ブース、「ハイブリッド・ゾーン」を設置。トヨタ・キルロスカ・モーターは2015年、インドで1000台のハイブリッド車を販売したが、さらなる増販を目指す。

TKMはデリーモーターショー16において、新たなハイブリッド車のインド市場投入を発表する予定。現時点で車種名は公表されていないが、TKMは、「乗用車セグメントにおいて、ハイブリッド技術をとくに強調していく」と説明。

TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「顧客に対してハイブリッドが、環境とパワーを両立する技術であることをお見せしたい」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • トヨタ・プリウス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ