【F1】フォース・インディア、若干16歳のニキータ・マゼピンと開発ドライバー契約

モータースポーツ レスポンス

F1世界選手権に参戦するサハラ・フォース・インディアF1チームは新しい開発ドライバーとしてロシア出身で若干16歳のニキータ・マゼピンを起用することを発表した。

マゼピンは2014年のCIK-FIA世界カート選手権で2位を獲得。翌2015年はフォーミュラ・ルノー2.0に参戦し表彰台も獲得した。今年はF3ユーロ・シリーズにステップアップするとともにフォース・インディアのエグゼクティブ・デベロッピング・プログラムの一員となり、主にシミュレーターを使ってのマシン開発に関わる模様だ。

マゼピンは「信じられない気分だよ。僕のレース人生で一番大きなステップになった。この機会を与えてくれたチーム代表のビジェイ・マリアとチームの皆に感謝したい。僕の目標は、いつかF1に参戦すること。今日のこのニュースはそれに1歩近づくものになったと思う。チームのために一生懸命頑張りたい」とコメントした。

チーム代表のビジェイ・マリアはマゼピンの秘めたる可能性に大きく期待している様子で「彼がすでに有能なドライバーであることは明白。今年は彼にF1ドライバーになるために必要なスキルを身につけてもらうために最高の環境を提供する予定」と語っている。

最近は、10代の頃からF1の開発ドライバーやレギュラードライバーに抜擢されるケースが増えており、昨年もマックス・フェルスタッペンが史上最年少となる17歳でF1デビュー。マゼピンの場合は2016年のうちにすぐデビューということはないかもしれないが、今後彼らのような非常に若いドライバーたちがF1を操る光景も増えてきそうだ。

  • 吉田 知弘
  • フォースインディア《撮影 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ