豊田自動織機の第3四半期決算…カーエアコンやフォークリフト事業好調で営業益11.1%増

業界 レスポンス

豊田自動織機は2月3日、2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆6945億円(前年同期比+7.0%)、営業利益は995億円(+11.1%)、経常利益は1622億円(+12.6%)、四半期純利益は1728億円(+70.1%)だった。

エンジン事業はKD型ディーゼルエンジンやAR型ガソリンエンジンの減少により減収となったが、車両組立事業はRAV4 ハイブリッドの生産開始により増収。カーエアコン用コンプレッサー部門も北米や中国で好調だったほか、フォークリフトトラック事業も北米や欧州で増加し、売上増に貢献した。

収益は、人件費や減価償却費の増加、原材料の値上がりなどがあったものの、増収や原価改善、為替変動による影響などで増益となった。純利益については、子会社株式の売却に伴う特別利益898億円を計上したことなどで、70.1%の大幅増となった。

通期連結業績見通しは、受取配当金の増加により、経常利益を1930億円(+60億円)、純利益を1920億円(+50億円)にそれぞれ上方修正。売上高2兆2300億円、営業利益1300億円は前回予測を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • カーエアコン用電動コンプレッサー ESB20(参考画像)《画像 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ